きょうすけ

Writer

きょうすけ

【EP.1/3 過去】 ”つなげる”に人生かけてもいい。 その先で生まれる何かを創るために。—入江洋介

入江洋介 | Yosuke Irie
1977年生まれ。エンブレムホステル西新井を運営するエンブレムホテル株式会社代表取締役。「おもしろい場を創りたい」という思いからから三井不動産へ入社し、東京日本橋のマンダリンオリエンタルホテルの開業等に尽力。退職後ホテル専門の経営大学院でホテル経営を学び、卒業後はホテルのコンサル事業に従事。その後、2015年12月にエンブレムホステル西新井を開業。ゲスト(宿泊者)とローカル(地域)を”つなげる”ことで生まれる何かを日々追い求めている。

 

東京の都心から電車で1時間ほど離れた足立区の西新井にあるホステル。
観光という側面において地理的不利があるが、それを感じさせない賑わいを見せ、旅行通の欧米諸国宿泊客をうならせる宿泊体験を提供している。
エンブレムホステルで働く人々はコネクターと呼ばれ、ゲスト(宿泊客)とローカル(地域)をつなげる存在であり、自分自身がつながる存在でありたいという思いからフレンドリーな接客が特徴的だ。
今回のインタビューではエンブレムホテル代表取締役”入江洋介”について、エンブレムホステルを起点とした過去と現在と未来を3部に渡って連載していく。

この記事は連載3部作中第1部の記事です。

【EP.1/3 過去】<<今読んでいる記事

【EP.2/3 現在】

【EP.3/3 未来】

 

ー入江さんは、海外での経験が15年ほどありますね。その経験の中で「出会い」や「交流」を大切にしたいという思いが生まれたそうですが、それらの元となる体験は何でしょう。

最も強烈な体験は、タイへ旅に行ったときです。
当時バックパッカーとして仲間数人で、世界各地で旅をしていました。
その目的地の一つにタイがあって、仲間たちとみんなで2ヶ月ほど滞在していました。
仲間たちが次の旅へ出発する時、僕は1人サムイ島というところに残ることを決めて2週間ほど1人で滞在したんです。(笑)
当時サムイ島にかなり激しいノリのクラブがあって、そこで仲良くなった人がたくさんいたんです。その人達に次の旅へ行く直前に「もう少しいてよ」と言われて、滞在期間を延ばしました。
そしてサムイ島では、ハンガロー(低層で小規模な宿泊施設)のような、小屋に寝泊まりしていました。そのハンガローは、タイ人家族が経営していて家族みたいに僕と接してくれていました。
一緒にご飯を食べさせてくれたり、まさに生活スタイルを体感している感覚がありました。サムイ島での出会いや交流を通した体験は、今でも鮮明に記憶に残っています。
それほど僕の中でとても強烈なんだと感じています。

ーヨーロッパやアメリカに住んでいた入江さんにとって当時のタイを含めたアジアの印象はどのようなものでしたか。

ヨーロッパ、アメリカと住んでいて、アジアだけが唯一得体の知れない地域でした。
そういった感覚からアジアに行きたいと思っていました。
20年前のアジアは観光客もそれほどいなくて、日本人がいると珍しがられるような時代でした。
僕には常に新しいものに触れたいという気持ちが人一倍あって、新しい人に出会って色々なものを吸収して、自分の可能性を広げていきたいと考え生きています。

きっとそういった好奇心にも似た気持ちでアジアに行きたいと思っていたんでしょうね。
そうして、実際にアジアに行ってみました。タイにあるバックパッカーが集うカオサンストリートというエリアには麻薬がはびこっていて昔の映画で観る「奈落の底」のような雰囲気がありました。喧嘩もあり、警察も来たりと、現地の日常を目の当たりにした時、リアルな生活や風景に触れていることがおもしろいと感じていました。

ー入江さんはこれまで不動産業界、ホテル業界の経歴がありますね。何かを創り上げるにはたくさんのパワーや熱量が必要ですが、エンブレムホステルを創り上げるまでの原動力は一体何だったのでしょうか。

エンブレムホステルのコアバリューは、出会いや交流などの”つながり”を軸に、ホステルやイベントなどの”おもしろい場”を創っていくというようなものを本質として考えています。
そういった考えの中で2つキーワードがあります。

1つ目は、”つながり”です。
つい最近、北千住(東京都足立区内で最も栄えているエリア)で「足立区のおもしろい人飲み会」に招待されて参加してきました。その会には出版会社の社長、足立区建設協会会長、足立区役所の方、足立区にあるアートギャラリーのオーナーなどが参加していて、足立区をどう盛り上げていくか語り合いました。そうして実際に形になっていく予定で現在進んでいるものもあります。
僕自身、”つながる”という行為から何かが生まれて、何かが起こるという体験をしてきているので、僕以外の人と人とをつなげてもきっと何かが起きるんだろうと確信しています。
僕はエンブレムホステルという言葉を人々が聞いた時、どういうイメージを持ってほしいか長い間考え続けてきました。あれじゃないこれじゃないと考えた末に結局、最初に思い描いた”つながり”ってイメージを持ってもらいたいという考えに戻ってきました。

これだけ考えて”つながり”ならば、”つながり”で日本一になろうと思いました。そしてそのための場を創っていくためにイベントの回数を週1回から週3回にまで増やしました。
先日行った「西新井大師(足立区西新井にある總持寺もしくはそこにある大師)を地元の人が案内する」イベントでは、地元の人が10人とゲストが10人参加していました。そこで仲良くなった何人かは渋谷に遊びに行ったようです。

イベントが終わってしまって、僕たちはその先を見ることが出来ないですが、きっと何かおもしろいことが起きているんだろうなと思うと、やはりそのきっかけとなる”場”を提供することに人生かけてもいいんじゃないかと真剣に感じています。
また、今の世の中を見てみると、つながりを求めている人が多くいると感じていて、そういったつながりがたくさんの人たちに良い影響を与えることができるのではと思っています。

 

2つ目は、”おもしろい場を創る”ということです。
自分自身の人生を振り返った時に人をエンターテインすることが、心から好きだと感じます。
学生時代に熱中していたダンスや演劇など、お客様を喜ばせるエンターテインメントが好きで、会社員時代は幹事を率先してやって自らみんなの前に出てパフォーマンスするようなタイプでした。(笑) 特に0から1を創る、何もないところから何かを生み出し、生み出したもので人をエンターテインすることが好きです。
何もないところから何かを創るということは僕自身とエンブレムホステル全体で大切にしていることです。

ーエンブレムホステルはどういった風に創り上げていったのでしょうか。

20年前に就職活動をする中で究極のエンターテインメント性を持つ施設って何だろうと考えてました。一番に出てきた答えは、「ディズニーランド」でした。
しかし、ディズニーランドはすでに出来上がっていて、そこで大したことは出来ないと感じて、ディズニーランドのような場所を作れる会社を探してみたところ、三井不動産が千葉の湾岸エリアの再開発としてディズニーランドを日本に誘致し、東京ディズニーランドができたと知りました。
さらに三井不動産のことを調べていくと、以前千葉にあった屋内スキードームザウスという施設や横浜にあったワイルドブルーヨコハマという屋内リゾートを作っていることを知りました。

そして、その後三井不動産に入社しましたが、全くそういったエンターテインメント施設のことに関われませんでした。(笑)

その後、ビルのオーナー側の立場として、日本橋にあるにあるマンダリンオリエンタルホテルというホテルの開業準備に携わることになって、ホテル関係者と多く知り合い、数あるエンターテインメントの中でもホテル不動産という切り口が自分のやりたいことを実現できる分野であると考えて、開業準備が終わってオープンしたその翌日に会社を辞めました。(笑) とりあえずオープンまでは見ないと…みたいな…(笑) 当時、26歳でした。
その後ホテルをやるために何が必要かを考え、ホテル不動産において投資家目線を得るために投資会社に就職しました。その後経営という切り口からホテル専門の経営大学院で勉強し、卒業後には知識面の不安から色々なホテルの財務諸表を見る機会や経営側と接点を持つことが出来るホテルコンサルの職に就きました。そうして3年半ほど働いた後に、エンブレムホテル株式会社を作りました。

ーキャリアを振り返ると道筋が立っていて非常に慎重な印象を受けました。一方でタイで話のように好奇心主体で動く印象もあるのですが。

確かに好奇心で動く側面も僕自身の中にあると思います。
ただ、目指すものが決まればそこに対しては貪欲にどんなことでもしようという意識は働きますね。一つ一つ知識を積みたいという感覚があります。
そういった積み重ねでエンブレムホステルも開業を迎えられる事ができました。

 

>>>【EP.2/3 現在】 へつづく。

エンブレムホステル西新井

ホステル情報

  1. 部屋タイプと宿泊料金

    部屋タイプ 宿泊料金
    【男女共用】4人ドミトリー ¥ 3,500 ~
    【男女共用】6人ドミトリー ¥ 3,000 ~
    【男女共用】8人ドミトリー ¥ 3,000 ~
    【男女共用】12人ドミトリー ¥ 2,800 ~
    【女性専用】4人ドミトリー ¥ 3,500 ~
    【女性専用】6人ドミトリー ¥ 3,000 ~
    【女性専用】8人ドミトリー(専用バスルーム付) ¥ 3,000 ~
    【個室4人ドミトリー】4名利用 ¥ 16,000 ~
    【個室4人ドミトリー】3名利用 ¥ 12,600 ~
    【個室プライベート】ダブルルーム(専用バスルーム付) ¥ 10,000 ~
    【個室プライベート】ツインルーム(専用バスルーム付) ¥ 10,000 ~
  2. チェックイン

    16:00〜

  3. チェックアウト

    〜11:00

  4. 設備・サービス

    #Wi-Fi #鍵付きロッカー #キッチン #ジム #自転車貸出 #朝食付き

  5. ファシリティ

    #ボディソープ #シャンプー #コンディショナー #バスタオル
    (その他アメニティはフロントにて購入可)

  6. ホームページ

    http://emblemhostel.com/ja/

  7. 宿泊予約リンク

    ご予約はこちらから


きょうすけ

この記事を書いた人

Writer / きょうすけ

関連記事

人気記事

新着記事

取材のご依頼お問い合わせはこちらまで

03-6427-2400

受付時間 10:00 - 18:00