きょうすけ

Writer

きょうすけ

【EP.3/3 未来】 ”つなげる”に人生かけてもいい。その先で生まれる何かを創るために。ー入江洋介

入江洋介 | Yosuke Irie
1977年生まれ。エンブレムホステル西新井を運営するエンブレムホテル株式会社代表取締役。「おもしろい場を創りたい」という思いからから三井不動産へ入社し、東京日本橋のマンダリンオリエンタルホテルの開業等に尽力。退職後ホテル専門の経営大学院でホテル経営を学び、卒業後はホテルのコンサル事業に従事。その後、2015年12月にエンブレムホステル西新井を開業。ゲスト(宿泊者)とローカル(地域)を”つなげる”ことで生まれる何かを日々追い求めている。

 

東京の都心から電車で1時間ほど離れた足立区の西新井にあるホステル。
観光という側面において地理的不利があるが、それを感じさせない賑わいを見せ、旅行通の欧米諸国宿泊客をうならせる宿泊体験を提供している。
エンブレムホステルで働く人々はコネクターと呼ばれ、ゲスト(宿泊客)とローカル(地域)をつなげる存在であり、自分自身がつながる存在でありたいという思いからフレンドリーな接客が特徴的だ。
今回のインタビューではエンブレムホテル代表取締役”入江洋介”について、エンブレムホステルを起点とした過去と現在と未来を3部に渡って連載していく。

この記事は連載3部作中第3部の記事です。

【EP.1/3 過去】

【EP.2/3 現在】

【EP.3/3 未来】<<今読んでいる記事

 

ー今後、エンブレムホステルを運営していく中で、西新井にどう貢献していこうと考えていますか。

足立区役所の職員さんが言い出したことなんですが、「西新井ブルックリン化計画」というものがあります。
僕自身ブルックリンの土地勘がありますし、区役所の方が言い出したというのがおもしろいなと感じました。

職員さんが言うには、「足立区の都『北千住』がニューヨークの都『マンハッタン』で、『北千住』に接する『荒川』が『マンハッタン』に接する『ハドソン川』(地理的に正確にはイースト川)。そして『荒川』を挟んで位置する『西新井』が『ハドソン川』を挟んで位置する『ブルックリン』」。

そういうことで西新井をブルックリンのような街並みに出来たらいいねと仰っていました。
ブルックリンはそもそもおしゃれなホテルが建設されたことによって人の流れが出来て、人が増え、店が増え、街が開発され栄えたという発展の仕方をしてきました。
私たちエンブレムホステルが西新井にとっての、ブルックリンが栄えるきっかけとなった宿泊施設のような起点になればいいなと思っています。

そういった中で実は最近まで動いていたプロジェクトがあります。

結果から言うとこのプロジェクトは無くなってしまったんですが、西新井大師(足立区西新井にある總持寺もしくはそこにある大師)の近くにあるお団子屋さんの持つ広いスペースを活用して、とあるアパレルブランドと組んでショップを出そうという計画がありました。

西新井大師付近は家賃がべらぼうに高いわけでもなく、独特の下町風情や歴史的雰囲気がある場所なので、そういった雰囲気を含めて彼らの表現するものと融合させた何かが生み出せるとすごくおもしろいなと考えていました。

団子屋さんのオーナーやアパレルブランドの方と何度もお会いして行く中でその計画に合わせて宿泊施設も作ろうという話をしていました。
建物もそこまで大きくないので、比較的簡単に宿泊施設を作ることが出来そうだったんです。

その宿泊施設では禅や、仏教を体験できる場にしようと考えていました。
その場所は三大厄除け大師の西新井大師の目の前にあるので、夜は静寂に包まれていてすごく良いところなんです。

ただ、その建物は何百年と建っているものなので、現状復旧にとてもお金がかかることが判明しました。
そこで残念ながら実現への道は途絶えてしまったんです。

それが、もし実現していたら「西新井ブルックリン化計画」の第一歩になっていたのかなと思っています。

 

 

ーその他、西新井ひいては足立区に貢献するような新たな計画はありますか。

どの街でも取り組んでいるようなことですが、シャッター商店街を活性化するという取り組みや計画は西新井でも行っています。

エンブレムホステル近くに「関原(せきばら)」という商店街があります。
そこは駅を起点に
2kmほど続く商店街なのですが、シャッターが降りているお店がたくさんあるんです。
そういった空き家を活用しようという流れの中でエンブレムホステルとしてやれることは何だろうと考えています。

例えば、エンブレムホステルの2Fでは、ゲスト(宿泊者)やローカル(地域の人々)から利用していただいているカフェ&バーEMBLEM HOSTEL CAFE & BARの運営をしています。カフェや飲食店運営ノウハウの提供やアドバイスは可能なので、現在物件の検討をしています。正直これもどうなるかは分かりませんが。
僕自身、足立区の経済活性化委員会に属していて、委員の皆さんと頻繁に話す機会をもらっています。
そういった関係もあり、西新井でおもしろいことをやっていきたいと考えています。

そのために今後、街カフェというコンセプトのもと情報が集まり活発に何かが生まれる場にしていきたいと考えています。

 

まさに街づくりのような取り組みですね。

今までエンブレムホステルは圧倒的にゲスト目線でした。
ゲストが楽しめる場をどう創るか、ゲストがつながれる場をどう創るかということを軸にこれまで考えてきたのですが、最近はもっと地域目線での軸が必要だとヒシヒシと感じています。

地域からの要望として集まれる場が欲しいという声が実際に多数上がってきています。

ホステルを創っていくという観点とは全く違った観点から、飲食の場を創る考え方をしなきゃいけないのかなと思っています。

 

 

ー最後にゲストに向けてアドバイスはありますか。

西新井は足立区にあって足立区愛を持った人が多く住むエリアです。
そういう場所を盛り上げていこうという志を持った人には是非足を運んでもらいたいと思っています。

そういった人がいらした時に、交流できて、何かと何かがつながって、街自体の発展が加速するような場にしていけたらいいなと思っています。

それと、国際交流や下町体験など一般的な体験で得られる”つながり以上の”つながりを求める方には是非お越しいただきたいと思っています。
エンブレムホステルには様々なゲストが世界中から集ってきています。
去年のゲストの割合は6割が欧州から、3割がアジアからとなっていて、とにかくおもしろい方々が大勢来てくれています。

エンブレムホステルを開業して1年半程度ですが、ようやくコンセプトが段々形になってきています。
そのコンセプトをおもしろいなと感じてくれた人が集まる場になってきているので、とても交流しやすい雰囲気なんです。

イベントが開催されない日は、「今日何もないの?何かあると思ってきたのに」とゲストから言われることが多くなってきました。
それほどエンブレムホステルを通じた交流や”つながりを欲している人が多いんだなと感じています。


そういったマインドのある方が集まってくるとより深い”つながりが出来るようになるのかなと思います!
あとは、出会いや交流、それらを通じた”つながりを欲している方には是非足を運んでいただきたいですね!

 

 

>>>3部連載完。前作は以下のリンクから。

【EPI. 2/3 現在】

【EPI. 1/3 過去】 

エンブレムホステル西新井

ホステル情報

  1. 部屋タイプと宿泊料金

    部屋タイプ 宿泊料金
    【男女共用】4人ドミトリー ¥ 3,500 ~
    【男女共用】6人ドミトリー ¥ 3,000 ~
    【男女共用】8人ドミトリー ¥ 3,000 ~
    【男女共用】12人ドミトリー ¥ 2,800 ~
    【女性専用】4人ドミトリー ¥ 3,500 ~
    【女性専用】6人ドミトリー ¥ 3,000 ~
    【女性専用】8人ドミトリー(専用バスルーム付) ¥ 3,000 ~
    【個室4人ドミトリー】4名利用 ¥ 16,000 ~
    【個室4人ドミトリー】3名利用 ¥ 12,600 ~
    【個室プライベート】ダブルルーム(専用バスルーム付) ¥ 10,000 ~
    【個室プライベート】ツインルーム(専用バスルーム付) ¥ 10,000 ~
  2. チェックイン

    16:00〜

  3. チェックアウト

    〜11:00

  4. 設備・サービス

    #Wi-Fi #鍵付きロッカー #キッチン #ジム #自転車貸出 #朝食付き

  5. ファシリティ

    #ボディソープ #シャンプー #コンディショナー #バスタオル
    (その他アメニティはフロントにて購入可)

  6. ホームページ

    http://emblemhostel.com/ja/

  7. 宿泊予約リンク

    ご予約はこちらから


きょうすけ

この記事を書いた人

Writer / きょうすけ

関連記事

人気記事

新着記事

取材のご依頼お問い合わせはこちらまで

03-6427-2400

受付時間 10:00 - 18:00